Bar 宵闇亭

Category: 未分類

Comment (0)  

脱・無職!

絶賛無職となり、2行しかない自分の称号を見ては落ち着かない日々を送っていたアーサー君。
なんとか再び職を得て存在意義の回復を目指すべく、今日という日を待ちに待っていたアーサー君。

しかし……運命は残酷である。

遅刻しないよう早めにログインしようとしたアーサー君を待っていたのは、「ログインできまちぇ~ん(プークスクス)」という、無情なるアカウントサーバーの嘲笑。
最初はパスワード間違えたのかなって狂おしくポチポチしまくるも、調べてみるとどうもメンテかなんかに突入していた模様。
うおおぉぉぉなぜ!!
なぜこの日に限って!!
祈りも虚しく22時オーバー。
終わった……再就職試験会場に到達することすらできぬまま終わった……。

が、10分後くらいに未練たらしく試すとなんとログインできた!
まぁもう誰もいないだろうなぁ……と思いつつ、念のためトリンシックへ足を運んでみると……。
いた。
陛下「いたとはなんだ。そなたが呼び出したのであろう?」
あっやばい無意識に口に出てた!
待たされたストレスもあって陛下ちょっとおこだ!
久々の生陛下の生おこ、ご褒美だけど喜んではいけない!
慌てて「いやーここへ来るまでとんでもない艱難辛苦を乗り越えてきましたよー」みたいな顔を取り繕って面接へ挑むアーサー君。
2018-01-04-01.jpg 

誰もいないだろうなーと思ってましたが、どうやら鯖落ち前からログインしてた人には影響がなかったみたいですね。
見に来て頂いて感謝感激ですぞ!
とりあえず「トリンシック首長への意気込みを述べよ」という試験が与えられたため、猛然と意気込みを述べまくってみる。
修造を意識した暑苦しいアピールは、思わずツッコミをさせるほど陛下の心にも刺さった模様。
手応えはバッチリだな!
2018-01-04-02.jpg 

続いて第二試験、民衆の支持。
とりあえず異議は出なかったためこちらも合格。
ここで必死に根回ししてた騎士団員のうちの一人、スペクター殿が来てくれたのでかろうじて推薦人も確保。
いざとなったら現場に唯一のトリンシック市民・オルカさんに山吹色のマフィン握らせるしかないと危惧してたのでセーフ!
2018-01-04-03.jpg 

そしてついに再就職へ!
アーサー君、レゾンデートル復活の瞬間である。
呼び出された陛下にはいい迷惑ですが、やはり生任命は有り難みが違いますな!
なおアーサー君の生任命は、これで3回目くらいだったりする……。
で、でもほら、出雲民はこんな時でもないと生陛下見られないし!
陛下へ生「陛下万歳!」コールができる貴重な機会だと思って多目に見て頂きたい!
2018-01-04-04.jpg 

その後ストーンチェックしてみたら、カボチャがギッシリ詰まってました。
今年はハロウィンを何一つ堪能できなかったアーサー君ですが、心遣いが身に沁みます。
どうもありがとうございます!
あと、なんかいいものを飾るのに良さそうな素敵な台座もありました。
3回目の生任命記念として、大事に使わせて頂きます!
ちなみに図はさっそく市庁舎前に潰れたカエルの死体を置いて満足げなダイちゃんが、さらに死にローブ投函してくるのを全力で拒否しているところ。
2018-01-04-05.jpg

恐るべき運命の荒波に揉まれた感のある再就職試験でしたが、無事合格できて一安心です。
また今期も出雲トリンシックをよろしくお願い致します!


Category: 未分類

Comment (0)  

アーサー君の再就職試験 1月4日夜10時

12月の選挙に立候補しそびれた為、現在無職のアーサー君。
トリンシック市長になるため生まれたキャラだというのに、無職となってはもはやレゾンデートル崩壊の危機!
幸い今期トリンシックの立候補者は0、空席のままです。
そこで慌ててハローワークことEMさんに、再選挙の嘆願にいってきました。

◆出雲トリンシック再選挙
開催日時:1月4日、夜10時
集合場所:トリンシック市政ストーン前

必ず推薦人として、トリンシック市民1名以上が必要とのこと。
よってトリンシック騎士団及びトリンシック警備隊の皆様は、親の葬式でない限り極力駆けつけて頂ければ幸いです。
ま、まぁ万が一の場合は、いつものように自作自演推薦しますけど!

それともし「立候補はしなかったけど貴様を市長にさすくらいだったら俺がなるぜ、なお公約は毎月イベント開催、けして途切れないギルド契約、市政ストーンへの10億の寄付だ!」とかいうチート野郎がいるようでしたら、正々堂々ジャンケンで勝負する覚悟もございます。
むしろ時給1万円くらいで雇われることもやぶさかではありません。

あっちなみにアーサー君の公約は「3ヶ月に1回くらいはイベントしたいなー、ギルド契約は金がかかるから非常時以外しないぜ、市政ストーンへの寄付は随時募集中」です!!
どうぞよろしく!

なお現在、出雲の暫定担当はEM猫又さんとのこと。
もし他の空席の街でしょうがないから市長してやってもいいのよ、という方がいれば、ぜひEM猫又さんにハローワークしましょう。
特徴ある街なのになぜか長年空席のままのミノックとかオススメですよ奥様!!


Category: 未分類

Comment (0)  

ミナクス様のお年玉

何はなくともミナクス始め、ということで昨日の夜はミナクス様へ新年のご挨拶へ伺って参りました。
昨年は結局ゴミAFすら出ることなく、僕のSGAF履歴は初回GETした宇宙の真理を感じる謎のウネウネのみのまま。
ゴミでもいい、せめてウネウネ以外が欲しい!
しかしミナクス様から頂けるものならゴミでも喜んでみせよう!
できればミナクス様のサンダルとかなら家宝なんだけど!

いつものSGプロたちに混じっての1周目、やはり戦果0。
デスヨネー、そう上手くいきませんよネー!
今回ニーナ殿が気合い入れて作った幸運3450装備を初稼働させてたのですが、イマイチ戦利品に効果が見られなかったのでカレン殿と2週目いかれるとのこと。
すかさずご一緒させて頂く。
明らかに要介護で足を引っ張ることが予想されますが、そこはほら……ブリテイン騎士の慈悲の心におんぶ抱っこです。

そしていざや2週目!
羽虫のごとく10回は死ぬアーサー君!
あわわわ、人数減るとこんなにも被弾が増えてしまうとは……。
もうね、雑魚が沸いた瞬間頭の上にドゥルルルルッて黄色い数字が縦列発進したかと思うとあっという間に死んでるの……。
盾120の威厳はどこに。
どうやらLT付きロンソ使ってたのもよくないようです。
アーサー君はSGへ行く時、どっかで拾ったエレ特攻ブロソ(噴水用)&げんさんからもらったカオス70%D斧(アノン用)&カナコさんから装備のオマケでもらったこのロンソの3本しか武器持ってないからな!
応用の効かない悲しき脳筋ぶり!
あまりにコロンコロン死ぬので蘇生と介護で1.5倍は時間をロスさせてしまいました。
ニーナ殿とカレン殿には大変申し訳ないことを……。
とりあえず屋上行くときは盾というアイデンティティを諦め、ライフリつきD斧ぶん回してる方がまだ生存率上がりそうです。
ちょっとセキュアを漁ってみよう。

そして肝心の2週目戦利品!
なななんと!
ミナクス様のお年玉きたー!!
2018-01-01-02.jpg 
どんなゴミでも文句言わないつもりだったけど、これは嬉しい!
やはりミナクス様は最高ですな。
アメとムチの使い方がよくわかっておられる!

なお、ニーナ殿の戦果は1週目カメオ、2週目ミナクス様サンダルとなっております。
幸運効果……戦利品マジックには全然でしたが、リアルラックにはガッツリ発動してる気がします……。


Category: 営業週誌

Comment (2)  

明けましておめでとうございます!

30日土曜はご来店ありがとうございました!
到着時すでに詰問会とは名ばかりの、開始する前から死刑が確定してるやらせ裁判であることがげんさんの口から暴露された恐怖の処刑場と化してて絶望しましたが、復帰祝いラッシュのお陰でうやむやのうちに首を守ることができてセーフ。
いろんなお祝い大感謝です!
貧乏人には一生手が届きそうにない超高級品なども頂いてしまい、その総額たるや2億(クロスさん査定)に至ろうかというほどだとか。
うおおぉぉぉ……生きて帰ってきて良かった!
絶対欲しいと思ってたのに、ハロウィンできなくてガッカリしてた蛇顎も頂けてありがたやありがたや。
知らないうちにジュエリーボックスとかいうチートアイテムも出てたようだし、セキュア整理もせっせと励まねばなりませんな!
2017-12-30-1.jpg

ちなみに僕の心の大半を占めてたタマちゃんプロファイリングも、ザ・猫博士アケ先生のご来店により見事叶えられました。
博士「その行動はずばり【所有権の主張】ですね」
しょ、所有権!
いつの間にか僕タマちゃんに所有されてた…?!
博士「さらに下僕候補とみなされています」
下僕候補!
まだ下僕認定には届かぬまでも、下僕試験を受ける権利を与えられた状態…!!
あああ……猫に逃げられる男から下僕に格上げされる可能性を秘めた男への大いなるキャリアアップ!
しかしいったいどのへんでタマちゃんの心に確変が起きたのかサッパリなのですが……。
博士「猫は単語を理解しますので、名前を呼ぶのは効果的です」
あの我ながら気持ち悪い「タマちゅわぁぁ~ん♥」が地味に効いてた様子!
この期を逃さず、ぜひとも下僕試験に合格したい!
その為には次からどのような態度を取るのが正解なのでしょうか?
博士「おとなしくスリスリを受け入れ、かつ期待の眼差しを受けた時にちょっとモフでスキンシップを図るのが良いでしょう」
モフしたらカブッ(甘噛)といかれたのですが、本来はどこをどのようにモフるべきでしょうか?
博士「基本は背中です。撫でられるのが好きではない猫も多いので、指先でちょっと触る程度から始めましょう」
あっ、確かに背中は5秒くらいOKでした。
博士「5秒は撫ですぎですね」
うおぉぉ……タマちゃん、相当我慢してくれた可能性……!!
愛を感じる!
なのに愛に応えられないダメな下僕候補ですみませんでした!!

と、このようにみるみる解き明かされてゆくタマちゃんの謎。
博士の細かな解説により、悩める猫童貞の心は救われました。
次回のチャンスがあれば、博士のアドヴァイスを120%活かし、見事下僕試験にパスしたき所存。
ありがとうございます、アケ先生!!

31日には神社で年越ししました。
が、お参りに来る人の少なさに軽くションボリしてみたりも……。
い、いやいや、きっと春に無料化きたら復帰者とか中学生とかいろいろ来るに違いない! 違いない!!(大事なことなので)
とりあえず年始酒無差別テロをした後寝ました。
2018-01-01-01.jpg 
昨年は皆様お世話になりました。
そして今年もよろしくお願いします! 


Category: 戦わなくちゃ、現実と

Comment (2)  

ネコと和解せよ

あまりに暖かく平和で看護婦さんは優しく社畜しなくていい生活にもう一生ここで過ごしたいと思うくらいでしたが、そうは問屋が卸さず外気温6度の凍えるシャバに舞い戻って数日……。 
しばらくチャリに乗れないので徒歩で近所のコンビニへ、ヌクモリティを求めておでんを買いに行った帰りでありました。 
あとちょっとでおうちやーというところで、突如隣から響く超ブサイクな鳴き声。

 「ン”ニャ”ア”ァ”ァ”ン”!!」

あっこのブサイクな声は毎日僕んちの玄関を根城にしてるくせに一向にデレを見せずむしろ僕のチャリの音が聞こえるだけでマッハで逃げ出し僕が庭仕事してようものなら遥か彼方の塀の向こうから「貴様…アタイの縄張りをうろつきやがって許さねーのよ…」と言わんばかりの憎しみが篭った眼差しで監視を続けた翌日僕のチャリのサドルをズタズタにすることで鬱憤を晴らすという一方的な敵対関係かと思いきや僕の方も休日ドアを開けた時に玄関で勝手につくろいでる背中をスパーンとぶっ飛ばしてしまうことが月に1度はあるためもしかしてそれも嫌われる原因なのかもしれないけどいい加減舐めプしないで玄関に気配を感じたら念のため退くことを覚えて欲しいと思わなくもない、最近寒いから深夜の家に入れてくれコールが悲壮感漂いすぎてて隣家の住人より僕の方がうるさくて先に目が覚めてしまう、お隣の家で飼われてる三毛猫のタマちゃん!!(説明的モノローグ)

タマちゃんの鳴き声は本当に凄まじく可愛くないなぁ、などと呑気に考えていたら。 
隣家の駐車場から猛然と僕にダッシュしてくるタマちゃん。
はええぇぇ?! タマちゃん! 逆だよ?! 僕こっちにいるよ?!
いつも殺人鬼に追われるヒロインみたいな顔して逃げるのにどうしたの?! あっむしろ殺られる前に殺る覚悟に目覚めたアクティブ系ヒロインに転身したの?! つまり僕殺られちゃう?! 
と驚愕のあまり硬直した僕に迫りきたタマちゃんは、なななんと…… 

「ン”ニャ”ア”ァ”ァ”ン”!!」

僕の足首にスリスリし始めたのであった!!! 



神を讃えよ!
全能の神で我らの王、彼が君臨された!
ハレルヤ! 
この世界の国はついに我らの王のものとなった!
我らが王、そしてそのキリストの王国の誕生!
神の世界は永久に続くのだ!
ハレルヤ!
王の中の王、主の中の主
そして神の世界は永久に続くのだ!
そう、永遠に、永久に!
ハレルヤ!
(脳内BGM)

思えば生まれてこのかた、まともにニャンコに触ったことのない人生であった……。
顔を見ただけで、あるいは気配を感じただけで逃げられ避けられ遠くから威嚇され、ガン見するなと言われれば眼を逸らし、エサで釣れと言われれば猫缶を広げるも無視され、好き好きオーラがうざいと言われればあえて距離を取って何も進展せず、このまま生涯猫様と触れ合えないまま人生を終えるのではないかと、畏れと諦めの日々……。
唯一の例外は神戸の土産物屋で出会ったマリちゃん……今までの猫様は何だったのかという愛想の良さで僕に生まれて初めて「はわあぁぁぁニャンコの頭ちっちゃあぁぁい!!」という感動を与えてくれた天使……しかしそれも数秒後に通りすがりの大阪人女性の「いややー! アタシ猫大っ嫌いー!」という絶叫によって引き裂かれてしまったが……(これにより僕の大阪人好感度-20000)

しかし、光はあった。
神はいたのだ。
ハレルヤ!!
ネコと和解した!!!

驚愕しつつも、この降って湧いた幸運を噛みしめる僕。
その間も絶え間なく続くタマちゃんのスリスリ攻撃。
尻尾はピンとしてるしこの頭を擦り付けて臭い付けする行動はニャンコの愛情表現だってライト知ってる! 毎日猫動画見てるからな!!
しかし分からないのは突如としてデレを発動したタマちゃんの心理状態である。
僕のこと蛇蝎のごとく嫌っていたよね?
道端で見かけて猫様に好まれるという高めの優しい声で「タマちゅわぁぁ~ん♥」と呼びかけようものなら、反復横跳びの如くビヨヨーンて飛び退って逃げてたよね?
それともあれはポロンさんも驚きの上級ツンデレで、実は僕のこと密かに愛してた?
「あーん憧れのライト先輩に声かけられたのにビックリして反復横飛しちゃったよぉ、タマ恥ずかしいっ!」みたいな。
あるいはしばらく僕の気配を感じなかったことで寂しさから愛に目覚めたとか?
「ばかばかっ、今までどこ行ってたのよっ! アンタが居ないとお庭パトロールにも身が入らないじゃないっ!」みたいな。

思い悩む僕をよそにタマちゃんはスリスリの合間にチラッとこっちを見てくる。
まずいぞ明らかに何かを求められている。
しかし猫童貞の僕にはそれが何か分からない!
ピンチ。大ピンチである。
とりあえず無難な選択肢&自らの欲望のままに、小さな頭をそっとモフってみる。

「ニャ”オ”ッ!」(ガッ)
噛まれました。

「ひゃあぁぁしゅみましぇぇん」とか情けなく謝りながら即時撤退。
しかし「あーんニャンコのお口ちっちゃいよぉぉ」という感動を得られたのである種ご褒美。
明らかに初動を誤るも、タマちゃんのスリスリは続いている……どうやらセーフの模様。
頭はダメだった、そういえば猫様のモフり図解ではおケツが「もうたまらニャイ!」の部位だった気がする。いつかこんな日が来るかもしれないと夢想しながら熱心に見てたから間違いないぞ。
ならば尻! 尻だ!!

「ニャ”オ”ッ!」(ガッ)
ダメでした。

そうだよね、触れ合って即お尻はダメだったよね、やっぱお尻はもっとステディな関係になってからじゃないとね、タマちゃんはそんな安い女じゃないもんね……。
頭はダメ、尻もダメ、本当は肉球ぷにったりお腹に顔を埋めたりしたいけど、それはもっと不可能なのは流石に僕でもわかる。
となれば最後の選択肢……背中……!!

「……………」
あっ反応しない! 背中?! 背中が正解だった?!
わータマちゃんの毛並みゴワゴワしてるぅ~~(歓喜)

「ニャ”オ”ッ!」(ガッ)
やっぱダメでしたぁ!!

完全敗北。
どうやら求められているのはモフでないことは理解した。
あるいはモフを受けるのもやぶさかではない気分だったけど、僕のモフでは満足できないと判断されたのは傍目にも明らか。
猫童貞に選べる選択肢をすべて潰され、木偶の坊と化す僕。
こんな時わんわんならヒャッハー!ウェーイ!とテンション上げてモフモフすれば向こうも一緒にヒャッハーしてくれるから楽なのに、猫様難しい、難しいよ!!
どうしよう、お触り厳禁の踊り子さんにセクハラされた時はどう反応するのが正解なんだ? タマちゃんは僕に何を要求しているのか?
その間もタマちゃんのスリスリはより激しくなり、熱烈な期待の視線がチラチラと僕に……僕の左手に……?
左手には寒風でカサカサ言うビニール袋……そしてホカホカのおでん。

まっ、まさか?!

そういえば聞いたことがある、猫様はおでんの出汁の香りが大好きだと……!
そしてビニール袋も当然好きであろう。
ここに来てやにわ浮上するおやつ目当て説。
た、タマちゃんがそんなビッチだなんてショックだよ!!
とか言いつつおでんを与えて手軽に好感度爆上げ作戦を検討するも、中身は大根と卵しかないし、おでんなんて塩分高すぎてあげちゃダメそうだし、何よりここは飼い主たる隣家の目の前で、万が一飼い主やご近所さんに目撃されようものならあっという間にヒソヒソされるのは必至。
ダメ……おでんはダメです……おでんに限らずおやつとかあげてるのを見られるのは危ない……。
また一つ好感度上げの選択肢が減ってしまった。
お触りもダメ、餌付けもダメ、するともう何をしていいかサッパリわからない。
一向にリアクションを起こさない僕に焦れたのか、タマちゃんはついに僕のズボンの裾に頭を突っ込んでくる始末。
これはもう単にヌクモリティを求めてるだけという可能性も否めなくなってきた。
うん、お外寒いもんね、棒立ちの僕もとっても寒い……。

嗚呼、僕が猫博士であったならこんな時、タマちゃんの仕草をプロファイリングして好感度上げに最適な行動を簡単に起こせただろうに……。
猫童貞でごめんなさい……猫動画しか見たことない、生猫様にお触りなんかまともにしたことないチェリー野郎なんです僕は……。
いつかデレデレな猫様が猛烈にデレてくれたら、あんなことこんなことしてやるぜウヘヘって妄想ばかりしてたのに、いざこんな夢のような時が訪れても全然スマートにできない……。
吹き荒ぶ寒風、ニャ”オ”ニャ”オ”とタマちゃんからの謎の催促、身も心も凍える僕、刻一刻と冷めゆくおでん。
自己嫌悪と無力感の中、僕が最終的に選べる選択肢は、「あっすみません、寒いんでおうち帰りますね」と立ち去ることだけであった……。

ネコの裁きは突然にくる。
翌日、僕が大事に使ってたレンガの目地詰め用の砂袋がズタズタに引き裂かれ中身をぶち撒けた無残な姿で発見された。
感じる、タマちゃんからの無言の圧力を感じる!!
攻略ヒントを与えてくれるお助け猫博士の参戦が切に求められます。
ネコと和解させて下さい。


あっちなみに明日は宵闇亭に顔を出してみる予定です。
まだ変なポーズできないから反応は鈍めかもしれませんが、とりあえず生存アピールとタマちゃんプロファイリング・ディスカッションを兼ねて。
メニュー何も用意してないけどブタの丸焼き食べ放題とかでいいかな……。


インフォメーション
Ultima Online 出雲シャードにて、深夜にダンジョンでBarをしたり、トリンシックで首長をしている人のブログです。

Aizenhawer


Bar宵闇亭 営業時間
出雲フェルッカ デスパイス内
毎週土曜 夜11時~2時

次回のトリンシック市民会議
2017年4月23日(日)夜10時
出雲トリンシック パラディン島
訓練施設内会議場にて開催

イベント予定
【トリンシック・ウェディング・セレクション】
2017年6月25日(日)夜10時より
出雲トリゲート真下:特設会場
詳細は  コチラ

カウンター
検索フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018