Bar 宵闇亭

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 貧乏市長物語

Comment (2)  

美女と行く式場巡りの旅!~ニューマジンシア編~

TMO8-pp.jpg

【トリンシック・ウェディング・セレクション】
開催日時: 2017年6月25日(日)夜10時より
開催場所: トリンシックゲート真下特設会場


WeddingHouse.jpg

ウェディングドレスに特化した、トリンシック・モード・オークション特別編!
オサレに定評のある6名のデザイナーさんの衣装3点セットの競演、そして小麦粉マン作式場がお迎えする、リアルマネー4,000円分の気合の入ったイベントです。
ウェディングに憧れる乙女の皆様、ぜひぜひ会場へお越し下さい!

----------------------------------------------------------------------

……というわけで、現在建築中の小麦粉マンがどんなステキなハウスを用意してくれるのかワクワクしながらドリームしている現在。
今回のイベントで万が一結婚式ラッシュが起きてしまった時のため、ブリタニアの各式場をご紹介していこうと思います。
みんな、もっと結婚式していいんだぜ!

もちろん衣装は正装で向かいます。
ほんの少しばかりアレンジを加えてみましたが、どんな感じがいいかよく分からないのでちょっとづつ変えてベストな組み合わせを模索してみたいところ。
今回はオサレスカーフっぽいエルフネクタイ、オーソドックスな靴、紳士ステッキというにはちょっと派手派手しい杖を装備してみました。
わざわざこの為にVvV入ったのは秘密です。

siki-magin01.jpg

しかしタキシード来た野郎一人で式場をウロつくなど、式場スタッフの視線も痛いしあわや花嫁強奪に来たストーカーかと勘違いされても困ります。
よって、麗しきトリンシック市民のレディにご同行お願いすることにしました。
こちらはハナちゃん、徳之島系ハーフの19歳!
名前のとおりお花が大好きな、夢見がちロマンチック美少女。
ボンネットから溢れるほどボリューミーな髪がチャームポイントだ!
どうやらアーサー君のスカーフはハナちゃんのお気に召したようです。

siki-magin02.jpg

やってきたのはニューマジンシア。
まず目に入るのはこの壮大なモニュメント。
実は出雲のニューマジンシアはプレイヤータウン「Shangri-La Island」として登録されており、これはそのご褒美です。
大きな羊バナーがマジンシアの強烈な羊押しを物語っております。
が、このモニュメント、日夜市民たちに親しまれまくっているのはいいのですが、ご覧のように屋根に上るわ靴のまま噴水に入って遊ぶわと、やりたい放題。
今日はまだ大人しい方で、酷い時は4・5人くらいバチャバチャはしゃぎまくってます、マジで。
まぁニューマジンシアは教養ある上流階級が軒並み下克上されて羊飼いと元奴隷で作られた街ですから、民度が低いのはしょうがありません。
アルシオン市長による市民への公共道徳と衛生観念の教育が期待されます。
そんなわけですので、旅行者の方はくれぐれもここの噴水の水で喉を潤そうなどと考えないようご注意ください。

siki-magin03.jpg

噴水を過ぎ、やってきたのは大花壇。
ニューマジンシアといえばお花の街!
きっとお花好きのハナちゃんを喜ばせてくれる華麗な花々が……
咲いてませんでした。
なんですかこのロマンティックの欠片もない枯れ木の林は……。
花壇と呼ぶのもおこがましいあまりの光景に、ハナちゃんも涙目です。
大花壇てもっとこう、お花で動物描いちゃったり季節ごとに植え替えたり、そういうのじゃないんですかね?!
マジンシア市民の皆様には、ぜひ改善を要求したい。
なおこの枯れ木テロ、よく見るとすべてとある人物の陰謀によるものなのですが、その許されざる下手人の名はぜひ自ら現地でご確認ください。

siki-magin04.jpg

大花壇デートは悲惨な結果に終わりましたが、なんのまだまだ。
出雲ニューマジンシアにはシャレオツなプレイヤーハウスが多く、一つ一つ見てまわるだけで立派なデートコースに早変わりです。
例えばこんな、ダイナミックな石庭とゴージャスな窓がステキな豪邸や……

siki-magin05.jpg

もうここを式場にしてもいいんじゃね?と言わんばかりの壮麗なホールや……

siki-magin06.jpg

何かの挿絵にしたいくらいロマンティックの止まらないガーデンなどなど……

siki-magin07.jpg

これ以外にもまだまだステキなハウスが溢れておりますので、内装好きさんはぜひ一度は出雲ニューマジンシア探訪をしてみることをオススメします!

さて、ステキハウスのお陰ですっかり機嫌も治ったハナちゃんをエスコートし、いよいよ目的のニューマジンシア式場へ到着。
ハナちゃんもテンションMAX、アーサー君を褒め称える作業にも気合が入ります。

siki-magin08.jpg

ニューマジンシア式場は温かみのある大理石のパビリオンで、南国風のトーチやベンチが野外に並ぶ式場です。
屋内式にも屋外式にも対応できる、半ガーデンウェディング様式といった感じでしょうか。
他の式場に比べればこぢんまりしているものの、身内だけで開くような式にはマストなサイズですね。
派手すぎない蔦やシロガネヨシの装飾がとても上品です。

siki-magin09.jpg

パビリオンの中は思ったより広く、屋内だけで式を済ませるにも程よい広さ。
四方はすべてオープンとなっているので景観が良く、開放感もありますね。
装飾は何もありませんが、その分自分たちで飾り付ける手作りウェディングをしたい人にはピッタリと言えます。
特に内装好きな人なら、ここにアレを置いてアレをここに並べて……と自分好みの内装を施して、可能性無限大の式場を作り出せることでしょう。

siki-magin10.jpg

さらにこの式場のいいところは、すぐ後ろがビーチなこと。
式の後広々とした海を眺めながら野外ビュッフェするもよし、海で遊ぶもよし。
青い海のさざなみを聞きながら挙げる式は、他の式場にはないニューマジンシアならではの強みです。

僕もぜひ浜辺ではしゃぎたかったのですが、背後のハナちゃんの冷たい視線が痛かったのでぐっとこらえました。

siki-magin11.jpg

ちなみにニューマジンシアへお越しの際は、港側の「しとやかな乙女亭」へご宿泊を。
ここにしかない変わった木造建築のお宿で、シンプルで清潔なシングルルームが多数ございます。
そして何よりのアピールポイントは……なんとブリタニアの秘宝、「愛のロウソク」
レプリカというにはあまりにも精巧なロウソクの光に癒やされながら眠る夜は、さぞ素晴らしい夢が見られるに違いありません。

siki-magin12.jpg

というわけで、第一回「美女と行く式場巡り」いかがだったでしょうか?
次回は僕のイチオシ、ソーサラーズ編をお送り致します。
どうぞお楽しみに!


……おや、いつの間にか小麦粉マンから入電が。
結婚式場竣工のお知らせか?!

「建築資金が全然足りません!
 至急振り込まれたし from小麦」


アイヤー……

家建築って……思ったよりお金かかるんですね……(万年土台人)
急いで100万円追加投入しておいたでゴザルゥ……。
スポンサーサイト

Newer Entry美女と行く式場巡りの旅!~ソーサラー編~ Older Entryウェディングセット買ったぞー!!
Comments


マスター…6月15日は木曜日だと思うの…|д゚)

100万gpをふんだんに使った小麦粉マンさんの式場内装を
今から楽しみにしています(*´∇`)
うひぃ!
お恥ずかしい、ご連絡ありがとうございます!
訂正しておきました~!

今回はトリンシック最初で最後の自宅イベントだと思われますので、張り切って取り組みたいと思っております。
ヤッピーさんもぜひ来てくださいね!






インフォメーション
Ultima Online 出雲シャードにて、深夜にダンジョンでBarをしたり、トリンシックで首長をしている人のブログです。

Aizenhawer


Bar宵闇亭 営業時間
出雲フェルッカ デスパイス内
毎週土曜 夜11時~2時

次回のトリンシック市民会議
2017年4月23日(日)夜10時
出雲トリンシック パラディン島
訓練施設内会議場にて開催

イベント予定
【トリンシック・ウェディング・セレクション】
2017年6月25日(日)夜10時より
出雲トリゲート真下:特設会場
詳細は  コチラ

カウンター
検索フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。