Bar 宵闇亭

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 貧乏市長物語

Comment (2)  Trackback (0)

TRINSIC OF THE DEAD ~Diary of Arthur~ ENDING



7月27日
今日はいよいよ、市民救出計画の決行日だ。
集まってくれた冒険者の士気は高く備えも万全であると報告を受け、私はすっかり安心していた。
ワクチンの制作もすこぶる順調で、あとは次々作られる試作品を改良していくばかり。
これもアルバートの……こういう言い方は妙なものだが、アルバートのお陰だ。
彼の遺体で、私の手元に残ったのは赤茶けた遺髪だけだった。
夜も更けた頃、オフィリオ氏からいよいよ完成品が出来上がりそうだと言われ、トリンシックへ回線を繋いだ。
そこから聞こえてきたのは───
逃げ惑う冒険者たちの絶叫だった。
耳をつんざくようなそれらの中から辛うじて聞き取れたのは、計画が失敗したこと……
それどころか、拠点を制圧された彼らは現在進行形で感染者たちから追われ続けているということだった。
まさに、血も凍る思いがした。
慌てて実験室に駆け込みワクチンの精製を急がせたが、その間もトリンシックから届く悲鳴は休みなく響く。
いや、むしろ悲鳴が聞こえていた方がまだマシだった。
時間が経つにつれ、少しづつ増えていく沈黙。
重く冷たい……死の匂いのする静寂だ。
ようやく完成品と言えるものが出来上がった時には、回線から聞こえるのは感染者特有の獣じみた叫びだけだった。
私はレイやメラニーを振りきって、ワクチンを手にトリンシックへ跳んだ。
そこで見た光景は……あぁ、再びの地獄!
街に溢れかえる感染者の群れ、あちこちに散る屍。
だが救いもあった。
トリンシックの中枢とも言うべき銀行の前だけは、辛うじて生き残ったリンス殿と歩兵隊が死守していたのだ。
私は彼らへのねぎらいもそこそに、感染者へ向けてワクチンを散布するよう命じた。
ずっと長い間、つらい戦いに耐えてきたのだろう。
彼らは手渡したワクチンすら取り落としてしまうほど疲れきっていたが、それでも私の鼓舞に応え、群がる感染者たちに向けてワクチンの散布を始めた。



その効果は劇的だった。
まるで時間を逆戻ししたかのように、感染者たちはみるみる元の姿に戻っていったのだ!
感染者たちの中にはもはや人型ですらなく、怪物や奇形としか言いようのないものに変質している者さえいた。
オフィリオ氏の言うとおり、これはある種の呪いなのだ。
それが今、魔法のように解かれていく。
私は気がつけば泣いていた。
隣でワクチンを撒き続ける皆も、きっと同じだったろう。


 

どのくらいそれを続けたか……
銀行の周辺がようやく落ち着きを取り戻した頃、ふらふらと歩み寄る女性がいた。
生存者がいたのだ。
「アーサーさんおそいよ!」
そう涙ながらに怒る彼女はすっかり泥だらけになっていて、これまでの逃走劇がどれほど過酷なものだったのかをまざまざと語っていた。
彼女の名はMA、勇敢にして幸運な───ただ一人の、そう、この地獄で生き抜いた唯一の人間だった。
もしこれが物語なら、彼女のような人物こそ主人公を務めるべきだろう。

 

今夜の過酷な一幕の中でも、様々な物語があった。
せめて夫の手にかかりたかったと言い残して亡くなった女性は、数多の冒険者を食い散らかした最凶の感染者の心すら震わせたし、今際の際においてすら誇り高かった男性の言葉は、さながら死の詩人のようだった。
彼らには市から、僅かではあるが報奨金を出させてもらった。


 

他にも銀行から金塊を持ち出していった者、消防斧で感染者の頭をかち割りながら走った者、何故か墓石を背負って逃げた者、鉄パイプとバールのようなものを握りしめ、二刀流で数多の感染者を薙ぎ払うも力尽きた者、シャベルで穴を掘って隠れようとした者……。
悪夢のような夜だったが、そこには確かに人々の命があったのだ。


  


多くの人の助け、そして多くの犠牲をもって、ようやくトリンシックは平穏を取り戻した。
無論、未だ解決してない問題は多い。
隠谷の魔術師たちはどこへ行ったのか?
アルバートが見たというハイデン氏は本物なのか?
まだまだこの先も困難が続くだろう。
しかし私はけして歩みを止めまい。
得たものも失ったものも、等しく抱えて生きていく。
アルバートの遺髪は、パラディン島のアンクに収めた。
いつかこの島に再び聖騎士が戻る時、彼がまっさきにその姿を見られるように。
そしてこの平和を見ることなく、悲運のうちに息絶えた多くの人々。
───どうか、彼らの魂に安らぎあれ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【TRINSIC OF THE DEAD】

◆最後の生存者賞
MAさん

◆最凶のゾンビ賞
モモエちゃん 5名ムシャムシャ
(スタッフなので景品は指名されたつけまいさん・えみりゅんさんに譲渡)

◆ナイス断末魔賞
くまはちさん
「俺の屍を超えていけ…! *くまはち死亡*」

◆火炎薬数 10/12本

◆ボーナスアイテム一覧
01.グリーンハーブ(発見されず)
02.レッドハーブ
03.ブルーハーブ
04.イエローハーブ
05.金塊
06.墓石【アーサーここに眠れ】←命令系…
07.飼育員の日誌
08.インクリボン
09.シャベル
10.消防斧
11.鉄パイプ
12.バールのようなもの
13.洗濯用ヘラ(最強アイテムだったけど発見されず)
以上13アイテム

火炎薬とボーナスハイテムの配置図・及び裏話は
技術協力の小麦粉FACTORYで解説されています。
 
◆発見者

チマさん 金塊/飼育員の日誌/イエローハーブ
クロスロードさん 消防斧/インクリボン/ブルーハーブ
アメさん 墓石/レッドハーブ
アゲハさん 鉄パイプ/バールのようなもの
テラさん シャベル
取得者には1アイテムにつき金一封を進呈

◆CAST
トリンシック騎士団
トリンシック市民の皆様
 
◆技術協力
小麦粉FACTORY 

◆出演協力
トリンシック歩兵隊
 
◆製作
TRINSIC OF THE DEAD製作委員会

御参加頂いた皆様
どうもありがとうございました!


スポンサーサイト

Newer Entry【TRINSIC OF THE DEAD】THE MOVIE Older EntryTRINSIC OF THE DEAD ~Diary of Arthur~ FINAL
Comments

No title
おつかれさまでした!
思ってたよりも、集まっていただいて
思ってたよりも、みなさん盛り上がっていただいて
感無量です!
同じ女性として、えみりゅんさんの言葉に愛を感じました。
久しぶりに、愛っていいなって思ったので、お譲りできて幸せです♪
No title
惜しい人を亡くし・・・(違
ストーリー制作からイベント企画運営まで、大変だったでしょう。お疲れ様でした。
こちらはゾンビゲー雰囲気も伝わり、臨場感溢れるイベントでとても楽しませていただきました。ありがとうございます!そして勝手に記事リンクまでしているという図々しい鳥でスミマセン・・・。
でも、ホント、楽し疲れた!
こういったイベントをできる人々を尊敬します。
また次回を楽しみにしております。
ありがとうございました!






インフォメーション
Ultima Online 出雲シャードにて、深夜にダンジョンでBarをしたり、トリンシックで首長をしている人のブログです。

Aizenhawer


Bar宵闇亭 営業時間
出雲フェルッカ デスパイス内
毎週土曜 夜11時~2時

次回のトリンシック市民会議
2017年4月23日(日)夜10時
出雲トリンシック パラディン島
訓練施設内会議場にて開催

イベント予定
【トリンシック・ウェディング・セレクション】
2017年6月25日(日)夜10時より
出雲トリゲート真下:特設会場
詳細は  コチラ

カウンター
検索フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。