Bar 宵闇亭

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 貧乏市長物語

Comment (0)  Trackback (0)

【第一回】トリンシック益荒男祭り

もうすぐ2013年も終了する昨今。
皆様大掃除はお済みでしょうか?
私は窓の桟の埃を熱心に掃除しただけで一日費やしてしまいました。
情熱をかけるべき場所を明らかに間違えています。

さて、27日には首長評議会がありました。
初めての参加になる私は緊張のあまりうまく喋れそうになく
他首長様方のお気遣いで最後にまわして頂きました。
断じて発言原稿が書けてなかったからとかそんな理由ではありません。

今回、「市長たちに資金を援助したい」と言い残して亡くなったという
立派な方の遺産を分配するため、市長たちのアピールが市民によって
評価されるという方式が取られました。
その総額はなんと800万。
我がトリンシックも喉から手が出るほどの大金です。
とはいえ初めての会議ですので、まずは我がトリンシックの抱える
窮状を陛下に訴えるとともに、騎士団復興の夢をお伝えしました。
まだ何ら実りのない、希望だけの言葉です。
しかしその熱意だけは受け取ってもらえたらしく、ありがたいことに
我がトリンシック市が一番のご支持を頂くことができました!
頑張ってギリギリまで原稿を書いてた甲斐がありました。
頂戴した400万円は、かならずや市政に役立てることをお約束します!

同立2位となられたのはニューマジンシア市長・スカラブレイ市長の
お二人でした。
これからも両市のますますのご発展をお祈り致します。
なおSS等はまったく撮っていません、申し訳ありません。
原稿書くのに忙し

評議会の後は王室顧問官マリア様にご足労頂き、トリンシック市の
各所に見られる問題をお伝え致しました。
(例:細工ギルドのドアが1枚だけ盗難に遭っている等)
また首長官邸建設用の資材も献上致しましたので、おそらく来年に
かなり経ってからそのうちいずれ建設されるのを気長に待っていて
欲しいとのことです。
私のオフィスはトリンシック銀行2Fですので、建設が遅れても
まったく問題はありませんね。

その後、評議会にてミノック市長に名乗りを挙げられたヤスシ様が
陛下直々に市長を拝命する場面に立会いました。
大変意欲のあるヤスシ様とミノック市の発展が楽しみです。
これで出雲の議席はジェロームを残すのみとなり、そのジェロームも
すでに候補者が名乗りをあげているとのこと。
テストシャードと蔑まれ、市長数最低鯖との汚名を長らく被ってきた
出雲ですが、来期にはついに議席すべてが埋まるのかと思うと
感激に胸が熱くなります。
またこのような深夜まで公務をこなされる陛下やマリア様に
出雲市民として感謝と尊敬の念を深めた次第です。



続いて29日は、前々より広報しておりましたトリンシック市主催
初のイベントとなる、益荒男祭りを開催致しました。
実は私は準備に熱中するあまりまたしてもSSを撮っていなかったので
一部ムーングロウ市長・ユー市長ご提供のSSを使用しております。

集まった参加者は25名様ほど。
他破片世界からの旅人もおり、意外な参加者数に感涙を禁じえません。
配布品そのものは十分な数を用意したのですが、やはり女性参加者は
全裸は嫌だという方が多く、ドレスだけは僅かに不足しました。
女性への気遣いがまだまだ足りぬと、己を戒める次第です。



なお、配布品はこちら。
お弁当にパイ3種、デザート、黒POT、我が市の象徴の薔薇の花びら、
そして市の職人が製造した特製ランタンです。
お弁当にパイを用意しようと決めた時は我ながらナイスアイディアだと
思ったものですが、材料のけしからん高額さをすっかり忘れていて
総額10万円かかった時は少し死にたくなりました。



そして、いざヒスロスへ突入!
お恥ずかしながら私はまだ全スキル50台という驚きの未熟者ぶり。
私がゲロ犬めにうかうかと3回ほどレスキルされている間に
気がつけば部隊は先発隊と後発隊に大きく分断されてしまいました。
後発組がまだ1Fでインプに燃やされていた頃、素早く武器を入手した
先発隊は2F・3Fへとぐいぐい進撃していたようです。
戦士にとって、やはり武器こそが命
うまく武器を入手できるかできないかが運命の分かれ道でした。

2Fの通称・魔の廊下。
先発隊がルートを示す目印を置いてくれたにも関わらず、ガーゴの
妨害にあって途中で死者続出。
参加者同様に死にまくっていた私も、このあたりになってようやく
「主催はコロコロ死なずにちゃんと誘導すべきだったのでは?」という
基本的事項に気がつきました。
 まぁ気づいたからといって実行できるかはまた別で、発言する前に
またコロコロ死ぬのでどうしようもありませんでした。
未熟者で申し訳ありません。
そんな私の代わりに誘導や迷子の探索や現場の把握をしてくれた
ダイ様やゲンゴロウ氏には感謝の言葉もありません。
 


ようやく辿りついた3F・第一黒閣下ゾーン。
そこは死の地平が広がっていました……。
すでにガーゴなら余裕のよっちゃんレベルに装備を整えたにも関わらず
閣下に1タッチされるだけでアリンコのように息絶える参加者たち。
私も130とか140とか当然のように喰らって何度死んだかわかりません。
メイジ蘇生班・包帯蘇生班だけが一縷の希望です。
とはいえ、アリンコ戦士も中身は歴戦の猛者。
1タッチ1キルされる瞬間に一矢報いる一撃が蓄積していった結果
ついに閣下を轟沈させることに成功!
やはり数の暴力最強人々の団結の力さえあれば、いかなる困難も
乗り越えられるということが証明されたのです!



第一次黒閣下戦争を終え、いよいよ次は第二黒閣下の待つ
ファイナルステージを目指します。
途中の赤閣下ゾーンでまたも犠牲者を増やしながらの4F到達。
ここでじっくり装備を整え直そう、って言ったのに……
言ったのに……
気がつけば我も我もと特攻していく参加者たち。
ダメだ!みんな完全にテンションが特攻部隊になってる!
益荒男祭りと銘打ちましたが、皆想像以上の益荒男ぶり。
再び1タッチ1キル1反撃作戦にて、膨大な死者を出しながらの
大・勝・利!
とはいえ連戦に耐え抜く地力はもはや我々には残されておらず
スカラ市長殿がドアを死守している間に撤収と相成りました。

先にケイン教官からクエストを受けていた私も、このあたりで
ようやく悪魔10匹退治せよとの任務を完了。
これでトリンシックへ胸を張って帰還できます。

 

悪魔たちの巣窟から解き放たれ、明るいトリンシックの日の下へ。
参加者の半数以上がすでに死にローブ姿でしたが、その顔つきは
晴れやかの一言。
任務を果たしきった者たちだけが持つ、やり遂げた漢の顔です。
黒閣下だけで5匹は討伐し、ブリタニアの平和は守られました。
もはや我々が世界を救ったといっても過言ではないでしょう!
 


中にはなんと、ヒスロス内で8徳の名誉の足鎧が出た方も!
名誉を崇めるトリンシックにとって、これ以上の賜り物はありません。
アルシオン氏には、ぜひこの神からのギフトを今日の思い出と共に
大切にして頂きたいと思います。

 

なおそれ以外の収益は戦利収益金26,302GP、善意のご寄付3M(?!)
みんなの笑顔プライスレスです。
これらの収益はトリンシック市の発展、及び騎士団復興資金、
そしてギルド契約金として使用させて頂きます。

続いていよいよ、ギルド契約タイム。
投票箱に寄せられている市民のお声は暗殺ギルド希望に2票と
もう全力で速度+5を求められておりました。
が、参加者のご意見は「騎士らしいところと契約してほしい」
というものが圧倒的で、やはり騎士団復興を夢見る我が市としては
暗殺ギルドとの関係で悪評が広がることを憂慮したくもあり……
結果、これからのトリンシック騎士たちの勲氏を詠ってもらうため
バード評議会との契約と相成りました!

契約した瞬間にパパーンと1000万から800万に資金が減るのを見て
思わずマジ泣きしてしまったのは秘密です。
市長を続けていると金銭感覚がおかしくなりそうで恐ろしい……
 


最後に、参加者たちの勇姿の一部をご紹介。
全裸からよくぞここまで……というレベルアップぶり。
見るも悲惨なものもあれば、意外なほど格好良いコーディネイトもあり。
いずれも激戦の後が伺える戦利品の数々です。
次回開催の際は、終了時のコーディネイト大賞なんかもやると
参加者のモチベーションがますます上がるかもしれませんね!
今回は初の試みということもあり、行き届かない部分も多く見受けられました。
メイジに秘薬低減装備がほとんど出ない、蘇生班に遭遇できないと
戦線復帰が厳しい、迷子が多い、などなど。
人数が多かったのでパーティを組まなかったのも、いまいちライブ感に
欠けた印象です。
次は数班に分けてパーティを組み、競争という形がいいですね。
そんなわけで課題も多いイベントでしたが、少しでも楽しんで頂けたなら
幸いです。
参加してくれた皆様、本当にありがとうございました!



ちなみに私の最終装備はこのような姿でした。
ナイトサイト付きのヘルメットがお気に入りです。
総抵抗70・高リーチ武器が当たり前になっている昨今、こんな装備でも
命を預ければ愛着の湧くものですね。

 

こうして第一回トリンシック益荒男祭りは終了しました。
そして皆様にお礼と共に解散を告げ……た後で思い出したのです。
記念品を作っておいたのに配るのを忘れたことを……!
しょうがないのでSSだけ載せておきます。
我がトリンシック市の徳シンボルでもある名誉の杯をイメージした
黄金のゴブレットと、記念酒です(ただし金メッキ)
これまた我が市の細工ギルド員が一個一個手作りした逸品です。
……が、無駄になってしまいました。しょんぼり。

 

今回のイベントで、トリンシック騎士団入団セットを配ったところ
3名様ほど入団希望者が来てくれました。
中にはこんな私の3倍は強そうな猛者も……!
パラディンギルド復興の夢には未だ遠く及ばずも、トリンシック騎士の
復権への第一歩を踏み出していることは疑いありません。
広げよう、ナイトオブトリンシックの輪!
トリンシック騎士の諸侯に恥じることのないよう、私もこれからは
もっと騎士らしく、誇り高く生きねばと誓いました。
トリンシック市は常時騎士団員を募集中です。
トリンシックを愛する方、騎士道を志す方、ぜひとも我が市の門を潜り
共に聖騎士団復活への夢を追いかけようではありませんか!



もっとも、その前に「アーサー卿の装備を見てると目を背けたくなる」
などと言われる私自身からなんとかせねばなりませんが……。
どうか長い目で見守ってください。
スポンサーサイト

Newer Entryあけおめにしてことよろにございます Older Entry飛鳥の秘密兵器
Comments






インフォメーション
Ultima Online 出雲シャードにて、深夜にダンジョンでBarをしたり、トリンシックで首長をしている人のブログです。

Aizenhawer


Bar宵闇亭 営業時間
出雲フェルッカ デスパイス内
毎週土曜 夜11時~2時

次回のトリンシック市民会議
2017年4月23日(日)夜10時
出雲トリンシック パラディン島
訓練施設内会議場にて開催

イベント予定
【トリンシック・ウェディング・セレクション】
2017年6月25日(日)夜10時より
出雲トリゲート真下:特設会場
詳細は  コチラ

カウンター
検索フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。